愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

動物の出産・死亡のお知らせ

2017年10月02日更新

インドホシガメ2頭(♀・15歳)(♂・1歳)、アカカンガルー(♂・5歳)が死亡しました。

テンシン(♂・5歳)

9月16日にインドホシガメのB(♀・15歳)が、9月28日にインドホシガメのNo.4(♂・1歳)とアカカンガルーのテンシン(♂・5歳)が死亡しました。
インドホシガメのBは2002年8月14日に、No.4は2016年3月4日に、とべ動物園で生まれました。死因はBは尿毒症、No.4は代謝不全と診断されました。
テンシンは2012年4月24日にとべ動物園で生まれました。体調を崩す以前は群れで最も大きくて強く、リーダー格でした。死因は化膿性肺炎でした。
皆、安らかに休んでほしいです。


(カテゴリー:死亡報告

ページトップへ