愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

トピックス

2017年04月25日更新

5月3日から5月7日まで大型連休のため公園内駐車場及び周辺道路の混雑が予想されます。

5月3日から5月7日まで大型連休のため公園内駐車場及び周辺道路の混雑が予想されます。
臨時駐車場は、愛媛県生涯学習センター、大橋町臨時駐車場(松山市大橋町312)が利用できます。
公園内の駐車場が満車になりしだい無料送泥バスの運行を開始します。
ご迷惑をおかけしますがご協力のほどよろしくお願いいたします。


2017年04月25日更新

高病原性鳥インフルエンザ対策の解除のお知らせ

防鳥ネットが撤去されたペンギン舎

平成28年11月23日より実施してきた高病原性鳥インフルエンザの対策ですが、4月24日より一部解除することにしました。ペンギン舎の防鳥ネットの撤去や、バードパークの通り抜けの再開など、従来の展示方法に順次戻します。


(カテゴリー:お知らせ

2017年04月23日更新

お待たせしました

これまでに何度か練習の様子をお知らせしてきましたが、ポニ―乗馬をようやく再開することができました。再開に向けて練習を続けてきたのは、白黒模様が特徴のチェス(メス)です。練習開始当初から定期的にポニー舎裏の管路道路で、曳き運動と柵越しに来園者とふれあっていただくことを軸にしながら新しい環境に慣れるようにしました。馬は臆病な性格であることが多く、チェスも例外ではありませんでした。練習期間はかかりましたが3歩進んでは2歩下がる姿勢で臨みました。
 ポニ―乗馬を行う際に大切なことは、実際に乗馬をおこなう「ふれあい広場」で落ち着いて行動ができるかどうかです。ふれあい広場は、来園者が広場を囲むように見学をすることができるため、チェスにとっては落ち着かない場所であることは確かでした。この場所がチェスにとって嫌な場所にならないよう無理せず反復練習をしたことで、4月8日にようやく乗馬にこぎつけました。当日はあいにくの雨で4名の参加者となりましたが、チェスは終始落ち着いており次回へのよい手応えになりました。
※ポニーの乗馬体験は毎週土曜日、14時15分から先着10名で行っています。整理券は開園後に管理事務所で配布しています。なお、雨天は中止となりますのでご了承下さい。
(ポニー舎担当 連 有吾)


(カテゴリー:お知らせ

2017年04月23日更新

マレーバクのダン君とカラス

決定的な写真じゃなくてスミマセン!

マレーバクのダン君は、ブラッシングを行うと気持ちよくて横臥することが多いのですが、以前、初めて見る場所で横臥していることがありました。一瞬、どこか調子でも悪いのかな?と心配しましたが、よく見るとダン君の身体の上にカラスが1羽乗っかっていました。腰のあたりのツボに乗られて、気持ちよくて思わず横臥してしまったのでしょう。ダン君はしばらくじっとしていました。カラスの繁殖期は3月~6月頃で、特に3月~4月は巣材を運んだり、巣作りをする時期です。主に小枝などを利用して巣作りをするのですが、動物園周辺にいるカラスは、動物達の毛をこっそり頂いて巣材にすることもあるようです。ヒトコブラクダのブービー君やアジアスイギュウの未来ちゃんの背中にも乗っかって毛を取っている姿を見ることがありますが、動物達は気持ち良さそうにしています。ラクダの毛が巣材に使われて、ヒナ達もフカフカで喜ぶことでしょう。ノマウマの光星君はカラスが嫌いなようで、カラスが来たら走り回っています。ダン君とカラスのツーショットを見たのはその日だけで、毛が短いマレーバクの所に来ることはなくなりました。
※5月~6月頃は、ヒナを育てる時期ですので、親鳥は少し気が荒くなりますので注意してくださいね!
(マレーバク担当 三根生 康幸)


(カテゴリー:動物の様子

2017年04月23日更新

蹄の手入れ(キリン編)

1997年生まれのキリンのユウマ君。今年は生まれてちょうど20年と節目の年を迎えます。
さて、このユウマ君には厄介な悩みが一つあります。それは変形してしまった前脚の蹄です。年齢を重ねるに従って変形の度合いが進んでしまい、ついには歩行にも少し支障が出るようになってしまいました。
キリンだけでなく他にもシマウマなど蹄の変形に悩まされる動物がいますが、彼らの場合は麻酔で眠らせている間に蹄を整えてやることができます。しかしキリンの場合は転倒して大事故に陥る可能性が大きいため、麻酔をかけることはできません。何とか通常の状態の時に蹄の手入れをしてやらなければならないのです。
そこで担当のキーパーたちは毎日少しずつ体の色々な所にコンタクトを取り続け、数か月後には蹄をさわってもあまり嫌がらなくなりました。そして2月の下旬には、伸びすぎてしまった箇所を少しずつですがノコギリ等で除去することができました。
蹄の手入れをしてもらったユウマ君、心なしか足取りも軽くなったような気がします。
(キリン舎担当 田村 昌吾)

餌を食べている間に蹄を切ります。

切り取った蹄の一部


(カテゴリー:動物の様子

このブログを購読する
  • 交通アクセス
  • イベント情報
  • しろくまピース
  • とべ動物園の楽しみ方
  • とべ動物園オンラインショップ
  • 愛媛動物友の会
  • とべ動物園Facebook
  • YouTubeとべ動物園公式チャンネル

ページトップへ