愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

トピックス

2015年02月26日更新

レッサーパンダの優砥

昨年の7月に産まれたレッサーパンダの優砥。2月22日で7か月になりました。
夜の動物園などで、白いボールのような姿を見られた方も多いかと思いますが、レッサーパンダの成長は早く、現在では大人と変わらないくらい大きくなりました。
パドックでは、木に登ったり、走り回ったり、親とじゃれて2頭で毛玉のようになったり、動き回ってどれが優砥か分からないことが多いようです。





そこで、とっておきの見分け方!じゃれている2頭をよく見てください。
1頭がもう1頭に両手両足で捕まえられていませんか?捕まえられていたら、それが優砥です。
今は100%優砥が捕まえられていますが、成長するに従い、優砥も親を押さえつけられるようになります。
そうなると、本当の大人に近づいた証拠。優砥は独り立ちの時期を迎えます。
親子が離れるまでの期間限定☆レッサーパンダのじゃれあいはとっても可愛いですよ!
(秋沢成江)


(カテゴリー:動物の様子

ページトップへ