愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

トピックス

2017年01月19日更新

ピューマのブラッシング作戦

気持ちよさそうなインティ

ピューマのインティは体が不自由なため、自分で毛づくろいをすることができません。
毛づくろいができないと、体のあちこちに大きな毛玉ができてしまい、暑いと熱がこもり熱中症に、また蒸れてしまうことで皮膚病の原因となってしまいます。
キーパーがピューマと同じ部屋に入ることは危険なため、以前までは、毛玉ができると麻酔をかけて数人がかりでハサミなどを使い、ごっそりと毛玉を取っていました。
しかし、体の弱いインティに毎回麻酔をかけることは体の負担が大きいため、今回、寝室の檻の目に入る小さなブラシを用意し、壊れたデッキブラシの柄に取り付けて、檻の外からブラッシングできる秘密兵器を作成しました。総製作費はなんと108円!
インティは目が悪いため、檻の外から迫ってくるブラシに最初は怖がっていましたが、2日目には気持ちいいことがわかったようで、体にブラシをかけるとリラックスした様子でブラッシングに協力してくれました。
これからはインティにこまめにブラッシングをおこない、「もう絶対に毛玉は作らせないぞ!」と、はりきっている担当者なのでした。ピューマの毛並みにも注目してみてくださいね。
(ピューマ舎担当 濱田 純基)


(カテゴリー:動物の様子

ページトップへ