愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

トピックス

2017年02月05日更新

園内まったりお散歩~7月の日記~

暑い中のご参加に感謝です

7月日記
7月は8名の方が参加してくださり、猛暑の中、さらに暑いスネークハウスをお散歩しました。首にタオル、手には夜の動物園の団扇を持って出発です。
ここにはカメ、ワニ、ヘビの順で爬虫類が暮らしていて、最後に夜行性の動物がいます。大人の方ばかりだったので、インドホシガメの前では、密輸が横行している人気の高いカメたちについて、つい力説してしまいました。実はここにいるインドホシガメはもともと全て密輸で摘発された個体たちです。ワシントン条約で規制されているにもかかわらず、その美しい模様から人気が高いので、密輸が後を絶ちませんでした。しかも、一昔前までの密輸方法は、ほんの小さな赤ちゃんガメたち(500円玉より少し大きいくらい?)を二重底の荷物の下にぎっしり詰め込むやり方でした。もちろん途中で多くのカメが死亡してしまいますが、生き残ったカメたちを売れば儲けになるのでしょう…。あまりにもひどいやり方です。ここで声を大にして言わせていただきたい!!
「買う人がいるから売る人がいるのです」
自分一人だけがこっそり飼うくらいならいいだろう、という安易な考えで希少な動物を欲しがる人がいる限り、動物たちは犠牲になり続けます。
幸いにも摘発されて動物園で預かることになった個体たちの一部は生き残り、各動物園で繁殖もしています。とべ動物園にも赤ちゃんガメたちがいるので、探してみてくださいね。

おいしそうに青菜を食べます

暗い話題になってしまいましたが、そのあとは気分一新、気温が上がって食欲が増してきたケヅメリクガメたちに青菜をプレゼント。バクバク食べてくれるカメたちを見て、嬉しい気分になりました。我々飼育係は動物たちがおいしそうに食べてくれるところを見るととても嬉しくてお散歩人の方々も皆さんとてもい笑顔でした。


(カテゴリー:イベント報告

ページトップへ