愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

トピックス

2017年03月05日更新

グラントシマウマの放飼練習

昨年の12月5日に高知県ののいち動物公園からオスのグラントシマウマ「ダイチ君」が搬入されて2ヶ月が過ぎました。今ではすっかり当園の環境にもなれ、一回り大きくなりました。初めてサブパドックに出たときは背の高いキリンを見てビビッていましたが、チャップマンシマウマのメス「ヨンちゃん」のやさしい出迎えもあり、順調に成長しています。「ヨンちゃん」とは年齢差もあってか、部屋の中で見合いを繰り返すことで仲良く過ごせるようになり、まるでおばあちゃんと孫みたいな関係に見えます。

今は15時30分から広い放飼場に出る練習を重ねており、オリックスやエランド、キリンとも仲良くすごせるようになりました。とにかく「ヨンちゃん」が大好きでいつもコミュニケーションをとり、グルーミングすると落ち着いています。残念ながら「ヨンちゃん」とは亜種が違うので2頭との間に赤ちゃんを作ることは出来ず、あくまでもお友だちの関係でいなければいけません。しかし近い将来には「ダイチ君」のお嫁さんを迎えたいと考えています。それまでは2頭の仲の良い姿を見ていただきたいと思います。「ヨンちゃん」より少し体が小さくて足の先端まで縞模様があるのが「ダイチ君」です。お尻の模様が違っているのでよ~く見てください。
(佐々木善基)


(カテゴリー:動物の様子

ページトップへ