愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

トピックス

2017年05月22日更新

知らんかった~!!

つい先日園内を歩いていたら、坂道の途中の木の枝から虫がぶら下がっていました。
幼虫が糸を伸ばしてぶら下がることはよくあるのですが、何となく違和感が…。
「ん?」
よく見ると幼虫ではなく、なんとナメクジではないですか!!
しかも触角を出し入れしているので、間違いなく生きてる!!
こんなん初めて見た!!


カメラを取りに事務所まで戻ってすぐに現場に行ったものの、すでにナメクジはいなくなっていました。風に吹かれて落ちたのか、鳥にでも食べられたのか…。ナメクジがぶら下がるなんて聞いたことがなかったので、世紀の大発見かと思い、「惜しいシーンを撮り逃した」とさんざん悔やみ、すっかり意気消沈して事務所に戻り、野山の生き物に詳しい副園長に訊いても、ナメクジがぶら下がるなんてやはり知らないとのこと。これはますます貴重な瞬間だった可能性が高いぞ、常にカメラを持っていないとだめだ。今までずっとガラケーを机の上に置きっぱなしで携帯電話ならぬ不携帯電話でしたが、いよいよスマホに換えて常時携帯しないとだめかしら?などと要らんことまで考える始末。
ところが、念のために「ナメクジ ぶら下がり」で検索してみると、結構たくさんの記事が見つかりました。お尻から糸を伸ばして木の上から降りてきて、最後はぽとりと地面に落ちるようです。早く移動するための知恵なのでしょうか?
知らんかった~!!

とはいえ、めったに見ることのないシーンなのは確かなようで、イラストにしてみました。
絵の下手さ加減には自信があります。
ぶら下がっている糸のお尻に近い方の5cm位は粘液っぽくキラキラ光っていました。
もし嫌でなければご覧ください。

(田村千明)


このブログを購読する

ページトップへ