愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

トピックス

2017年07月13日更新

敵ではないと認識されたのか?

とべ動物園のふれあい広場のとなりにインコの止まり木があります。そこには大型のインコを展示していますが、止まり木があるだけで柵や金網はありません。そのため「逃げないのですか?」とよく質問されます。とべ動物園での三大質問と言っても過言ではないくらいに、よく聞かれるのではないでしょうか?答えはいくつかありますが、その一つに縄張り意識が強いことが言えると思います。
この縄張り意識の強さゆえに、インコの担当になったばかりのころは敵対視をされて、近くに寄ると怒りの声で鳴かれていましたが、この声量が半端ではありません。ペット可のマンションでも大型インコの飼育は禁止しているところがあるくらいです。特にインコの獣舎はコンクリートの建物なので、中で反響してしまい耳の奥がジンジンするくらいうるさかったです。しかし2か月以上経過した今では、過度な鳴き声を上げることはなくなり、ほっとしています。
6月に入ってからは新人のベニコンゴウインコも止まり木デビューを果たしています。なんとなーくソワソワしている新人インコを応援に来てくださいね!
(池田 敬明)

写真1 ベニコンゴウインコのリンちゃん

写真2 微妙な距離感


このブログを購読する

ページトップへ