愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

トピックス

2018年02月01日更新

元気に育っています!

 昨年の春に生まれた7頭のニホンザルの子ども達は、母親や仲間達に見守られながらスクスクと育っています。子どもたちが集まって遊ぶ姿はまるで幼稚園のようです。まだまだ母乳を飲んでいるくせに、普段のエサも他のサル達に負けじと頬袋に詰め込みます。ところが後で母親に口の中をチェックされ、せっかく集めたエサを取られる姿も微笑ましいものです。群れで争いごとがあると、サッと母親の所に逃げ込みます。この春には新たな命も誕生します。まだ今は、たとえいちばん強い雄の頭を踏んでしまっても怒られない存在ですが、これからはきっちりしつけられるようになり、群れの中でのルールも覚えていくことでしょう。今が一番コロコロとしていて可愛い時期ですので、その姿を観察しにサル山にお越しください。名物!寒い時期ならではのサル団子もまだまだ見ることが出来ますよ!
(鍋嶋紀尚)


このブログを購読する

ページトップへ