愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

トピックス

2017年08月21日更新

ヒョウのアイクの一般公開を開始します。

運動場に出る練習中のアイク

7月11日に富士自然動物公園からやってきた
ヒョウのアイクの一般公開を明日8月22日(火)から開始します。
当面火・木・土曜日の日中に運動場に出る予定です。
ぜひ会いにお越しください♪


(カテゴリー:公開情報

2017年08月19日更新

夏休みの悩みの種?

8月6日に「とべ動物園で自由研究をしよう!」を行いました。この事業は文字通り、みなさんの夏休みの懸案事項(!?)である自由研究を、お手伝いしようというものです。
とべ動物園は、間もなく開園30周年を迎えますが、夏休みの自由研究を当園主催で完結するイベントは初めてでした。そのため手探りでテーマや、テキスト、講義内容などを決めていきました。

今回のテーマは「角」についてでした。カドではなくツノです。とべ動物園で保管してある骨格標本を実際にさわってみたり、角を持っている動物の近くまで行き観察しました。どちらも本物であるということが動物園の強みです。
今回応募してくださった方は小学1~6年生と幅が広かったので、文字や言葉で説明するときには分かりやすく、おもしろく、を心掛けました。結果的には好評だったので胸をなでおろしています。

さて、こうなると問題は来年の自由研究です。研究大好きな副園長が終了直後に「来年は3回したら~!」とニコニコしながらアドバイスをくれました…。身も細る思いです…。
来年のご参加お待ちしております!
(池田 敬明)


2017年08月19日更新

シシオザルの親子

当園では、現在3頭のシシオザルをモンキータウン内サル舎で飼育しています。3頭は母子で、母親のバルタン♀28歳・息子・シチ♂15歳・トミー♂7歳です。今年の6月までは、母親のバルタンと息子のトミーが一緒に生活をしていましたが、トミーが成長していくに連れて母親のバルタンを攻撃するようになりました。少し怪我もしたので2頭を分離し、バルタンと、もう1頭の息子のシチと同居を試みることにしました。この2頭は闘争もなく数日のお見合いを経て同居出来る様になりました。現在、やんちゃ盛りのトミーは1頭で生活をしています。性格も穏やかなシチは母親のバルタンと仲良く生活しています。母親のバルタンもかなりの高齢なので老後はシチに面倒をみてもらいます。
(好永 多希)


2017年08月19日更新

ウッディくん、改名した方がいいですか?

とべ動物園にはサバンナ展示場に2羽のモモイロペリカンがいます。見た目も体格もよく似た2羽は仲良し兄弟のようにいつも一緒に行動しています。先頭に立って行動する「クーパー」は頼れる兄貴、その後ろをおどおど歩く「ウッディ」は気弱な弟といったところでしょうか。ところが、先日この2羽にまつわる驚愕の事実が発覚したのです。これまで搬入時から今の今まで両個体とも雄と思われていたのですが、羽根を採取しDNA検査による雌雄判別を行ったところ「ウッディ」が雌だったことがわかりました。モモイロペリカンの雌雄の違いは雄の方が一回り大きいとされており、同じ体格の2羽は特に疑われることなく雄同士であると思われてきたのです。
 雄と雌となら繁殖も期待できるかも…、と思われるかもしれませんがサバンナ展示場はキリンやシマウマなどの草食動物やダチョウやアフリカハゲコウといった鳥類も一緒に生活をしています。なかなかペリカンがのんびり落ち着いていられる場所がないのが現実です。モモイロペリカンが繁殖をするためには、いくつものハードルが待ち構えていそうですが、まずは安心できる環境を整備していきたいと思います。
(宮越 聡)

左がクーパー 右がウッディ

クーパーのあとをウッディがついて歩きます


2017年08月11日更新

砥部町から光のアートLumineがやってきました!

先月の砥部焼KANPAIフェスで行われた「光のアートLumine」の砥部焼のモニュメントをお借りしました!
明日からの夜の動物園の際にやさしい光のアートをお楽しみください!


このブログを購読する
  • 交通アクセス
  • イベント情報
  • しろくまピース
  • とべ動物園の楽しみ方
  • とべ動物園オンラインショップ
  • 愛媛動物友の会
  • とべ動物園Facebook
  • とべ動物園Twitter
  • YouTubeとべ動物園公式チャンネル
  • とべZOO Movie

ページトップへ