愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

トピックス

2012年02月23日更新

ちょっとしたお楽しみ

ヒョウ

新ヒョウ舎の端にある洞穴。ここにはガラスドームの覗き穴と給餌口があり、お食事タイムの時間にはヒョウを間近で観察することができます。ちょうどこの時間に運良くドーム付き展示場にいるヒョウは餌のお肉にありつくことができます。
 ですが、他の展示場にいるヒョウ達は餌をもらえず、ドーム側をうらやましそうに眺めながらうろちょろ。特にヒョウ舎で一番若く元気いっぱいのサリーは居ても経っても居られません。イベント前に飼育員が横切る度に「私にもちょうだい!!!」と必死の猛アピールをします。
 そこで、ここは一つ、サリーにもイベントで一役買ってもらうことにしました。竹竿の先に餌をつけてサリーに見せると(あれ?どこか他の動物でもやってい たような光景が...^^;)、それを目掛けてサリーがひとっ飛び!餌のことになると目の色が変わるサリーだけに、本気でお肉に飛びかかる光景は迫力があります。
哺乳類の中でジャンプ力はピューマが一番とも言われていますが、ヒョウだってすごいんです。野生下では獲物に飛びかかったり、重い獲物をくわえたまま木の上まで登っていたりすることができます。そんな強靭な脚力を皆さんにお見せしたくて、この新たな試みを始めました。
 サリー以外の3頭は老齢であるため、ジャンプを見せてもらうのは難しいかもしれません。また、このイベントは不定期で行なっており、サリーが外に出ていないこともあるため、来園されても必ずご覧いただけるわけではありません。でも、「ヒョウ舎でヒョウを間近でご覧いただけます」という園内放送時にもしサ リーが展示場に出ていたら、これは期待大です!ヒョウの強靭な脚力の一端を見せてくれるかもしれません。


(カテゴリー:動物の様子

2012年02月23日更新

ダイアナモンキー・・・相性悪いの?

ダイアナモンキー

現在、当園にはオスのカップ君とメスのルナさん、二頭のダイアナモンキーがいます。昨年の6月に北海道からルナさんがやってきて、何度かカップ君との同居を試みているのですが、なかなかうまくいっていません。友好的に接していたルナさんをカップ君が「俺に近寄るんじゃねぇ!」と言わんばかりに攻撃したことから始まり、それ以降ルナさんはカップ君を怖がるようになってしまいました。少し時間を置いて再度同居を試みるも、ルナさんはカップ君にプレッシャーをかけられ悲鳴をあげます。これではダメだと思い、しばらく同居をすることは止め、日中近くでお見合いが出来る環境を作り冬の繁殖シーズンを待つことにしました。
そして今年の12月、ルナさんに生理がきて排卵が行われていることがわかりました。排卵が行われるとメスに発情がきて、オスはメスに誘発されるように性行動を行います。カップ君もルナさんの発情に刺激され、いいかたちで仲良くなってくれることを期待し、同居を行ったのですが、現在のところなかなか・・・といったところです。ただ、以前のようにルナさんが悲鳴をあげて怯えるようなことはなくなったので少しは進歩したのかなといった様子です。二頭の距離が近づくのには、まだまだ時間がかかりそうですが今後に期待したいと思います。


(カテゴリー:動物の様子

2012年01月16日更新

ホッキョクグマ「バリーバ」情報!

バリーバ

ホッキョクグマの「バリーバ」が、とべ動物園から昨年11月に、横浜市の「よこはま動物園ズーラシア」へお嫁入りしましたが、ズーラシアでは、バリーバの一般公開を下記の曜日で実施しています。
ズーラシアを訪れる方は、ぜひ、バリーバに会ってあげてくださいね。

◎ズーラシアでの、バリーバ公開要領
月曜、木曜、土曜日と祝日

※なお、2月以降は繁殖期に入るため2頭の同時公開を予定しているそうです。


(カテゴリー:動物の様子

2012年01月16日更新

カメさん、入浴中!

キアシガメ

とべ動物園でカメが見られるのはスネークハウスだけだと思っている方も多いはずです。しかし、実は南米獣舎にもキアシガメというちょっと大きなカメさんが生活しています。このカメさん、もともとはスネークハウスで生活していましたが、スネークハウスにいるもう1頭のキアシガメさんとの戦いに敗れ南米獣舎に引っ越してきました。
暖かい季節には南米獣舎の住人アルマジロさんたちと運動場でお散歩を楽しむカメさんですが、ここ最近の寒さでヒーターの下からほとんど動かず、餌食いが悪くなったり、ウンチの出ない日が続くこともしばしば...。そこで、時々お風呂に入って健康管理をしております(変温動物のカメは気温の変化にともなって体温も変化してしまいます。その為、寒い時期は体温が下がり餌食いや動きが悪くなってしまうのです)。体重16キロ近いカメさんをお風呂に入れるのは、腰痛持ちの私にはちょっとツライ作業ですが、カメさんはなかなか気持ちよさそうです。

※入浴中はカメさんをご覧いただくことはできません。ご了承ください。


(カテゴリー:動物の様子

2012年01月16日更新

ヤブイヌ少し引きこもっています

ヤブイヌ

まだまだ寒い日が続いていますが、我々よりもたぶん彼らの方が寒さに堪えているでしょう。それは中南米原産で、昨年とべ動物園に仲間入りしたヤブイヌ達です。
現在ヤブイヌは2頭です。見た目がそっくりなヤブイヌ達ですが、性格はそれぞれ違います。オスのネム君はかなり慎重派で、飼育係がちょっぴり苦手です。 エサの時間にも人の気配があると近寄りません。そのためにヤブイヌ舎の出入りの際にも極力見えないところで待機して、移動させた後に音をたてないように扉を閉めます。ここで大きな音を立てて扉の開閉をすると、その後の数日間は出入りが、もっと慎重になり時間がかかります。メスのスズちゃんはまさにその逆で、飼育係がいても、目の前でガツガツとエサを食べ、出入りもダッシュで移動してくれます。
そして寒さに弱いのもネム君のようです。寒い日には部屋の中に置いてある巣箱から出ようとしません。「遅刻するわよ!起きなさい!!」と肝っ玉母さんのように叩き起こすわけにもいきません...。その際にはストレスを与えないように、外と中の出入りを自由にさせて、自主性に任せています。ですがワラのベッドが気持ち良いようで、あまり出ていきません。
春になったらもっと活発になると思いますので、それまではご理解のほどよろしくお願いします!


(カテゴリー:動物の様子

このブログを購読する
  • 交通アクセス
  • イベント情報
  • しろくまピース
  • とべ動物園の楽しみ方
  • とべ動物園オンラインショップ
  • 愛媛動物友の会
  • とべ動物園Facebook
  • とべ動物園Twitter
  • YouTubeとべ動物園公式チャンネル
  • とべZOO Movie

ページトップへ