愛媛県立とべ動物園

飼育日記

コウモリてんこモリ

2012年08月23日

【その5】すごいぞ!!大ちゃんの巻

いつまでたってもあまり毛が生えてこず、心配の種だった「大ちゃん」ですが、なんと、あっという間に立派に毛が生えそろってきました。わずか四日間のできごとです。
百聞は一見にしかず、まるでビフォーアフターのような大ちゃんの変化を見てください。

  • 8月14日の大ちゃん
  • 8月19日の大ちゃん
  • 8月20日の大ちゃん
  • 8月22日の大ちゃん

写真の腕が悪いのか、カメラが良くないのか、見るたびにふさふさになってくる大ちゃんの様子を克明にお伝えできないのが、とても歯がゆいです。でも、「その4」でも載せた14日の姿と19日の違いは分かっていただけますよね。

急な成長に驚いたのは、私だけではありません。事務所でいつもチビチビコウモリの成長を見守ってくれている(疲れた心を癒しているようにも見えますが)Iさんが、20日の朝突然毛が生え始めた大ちゃんにびっくりして、次の日もその次の日も「今日はどうなってますか?」と朝一番に見に来てくれました。そして、見るたびに「わっ!!」と驚いていました。大ちゃんの急激なコウモリ化は、彼女にとっても衝撃だったようです。

さあ、次は小ちゃんがいつコウモリになるのか・・・。私の予測では1週間以内にはふさふさになると思うのですが。
ちゃんと育ってくれるかな?乞うご期待です。(T)

8月21日の体重

小ちゃん 大ちゃん デカちゃん
4.35g 5.49g 5.50g
コウモリ豆知識

「コウモリは血を吸う?」

コウモリのガイドをしていると、よく訊かれます。答えは・・・。正解のような不正解のような・・・。
確かに「チスイコウモリ」という血液を食料とするコウモリはいますが、吸うのではなく、動物の血管を傷つけて、流れてくる血液をぺろぺろ舐めとるのです。
また、コウモリには非常にたくさんの種類がおり、血を舐める種はその内のごく一部です。他には、昆虫食、果実食、カエルや魚を食べる種など、実にいろいろな種がいます。
ちなみに、チスイコウモリは南米にのみ生息し、日本にはいません。日本のコウモリは、ほとんどが小型で、昆虫食の種です。沖縄や小笠原諸島には果実食のオオコウモリが分布しています。

バックナンバー

【その18】コウモリ団子の巻
【その17】赤ちゃんデビューの巻
【その16】無力の巻
【その15】小ちゃん ピンチッ?!の巻
【その14】コウモリストの巻
【その13】肉食系?の巻
【その12】誰が誰?の巻
【その11】キクガシラを探せ!!の巻
【その10】やっと一人前に!!の巻
【その9】ついに離乳!!の巻
【その8】新しい仲間?の巻
【その7】嬉しかったことの巻
【その6】やっと小ちゃんも!!の巻
【その5】すごいぞ!!大ちゃんの巻
【その4】大丈夫か?大ちゃんの巻
【その3】疑惑の小ちゃんの巻
【その2】悲喜こもごもの巻
【その1】コウモリの赤ちゃんご紹介の巻