愛媛県立とべ動物園

動物病院

野生動物保護の基礎知識

とべ動物園どうぶつえんでは、愛媛県えひめけんから委託いたくけてケガや病気びょうきなどでよわった野生動物やせいどうぶつ保護活動ほごかつどうをおこなっています。まれた野生動物やせいどうぶつ状況じょうきょうおうじて適切てきせつ治療ちりょう給餌きゅうじおこない、元気げんきになれば保護場所ほごばしょやもといた場所ばしょにかえします。毎年まいとし400件以上けんいじょう保護動物ほごどうぶつ来園らいえんします。ほ乳類にゅうるいではタヌキ、キツネ、ノウサギ、ムササビ、鳥類ちょうるいではスズメ、ツバメ、フクロウなど本当ほんとう多種多様たしゅたよう動物どうぶつたちがまれます。

(ご注意ちゅうい
愛媛県内えひめけんない野生動物やせいどうぶつ対象たいしょうとしています。他県たけんかた管轄かんかつ自治体じちたいにおわせください。

巣立すだちちビナをひろわないで!

巣立すだちしてもないとりは、上手じょうずぶことができません。地面じめんにいることがおおく、しばらくは親鳥おやどりがきちんと世話せわをしています。このような幼鳥ようちょうかえることは、親鳥おやどりにしてみれば誘拐ゆうかいされたようなもの、野鳥やちょうくわしいひとたちのあいだでは、こういったおおきなお世話行為せわこういを「善意ぜんいさらい」とんでいます。くるま人通ひとどおりのおお危険きけん場所ばしょならば、安全あんぜんしげみやえだなどにとまらせてあげたりするなど、ちょっとした手助てだすけだけで十分じゅうぶんです。
心配しんぱいだからとちかくで見守みまもることも親鳥おやどりにはいい迷惑めいわく、できるだけはなれたところから観察かんさつして、元気げんきそうならばそのままそっとしておいてあげることが大切たいせつです。

ノウサギやシカのあかちゃんを保護ほごしないで!

動物どうぶつあかちゃんはおかあさんと一緒いっしょにいるのがたりまえおもっていませんか?
じつは、ノウサギやシカのあかちゃんはおかあさんとはなれて草陰くさかげなどにひそめています。おかあさんは、一日いちにちに2、3かいちちをあげにるのです。けっして、おかあさんとはなればなれになったわけではないので、間違まちがえて保護ほごしないように。

本当ほんとうひと手助てだすけを必要ひつようとしている動物どうぶつかどうかをよくかんがえてみてください。

とべ動物園どうぶつえんでおこなっている「保護活動ほごかつどう」の事業じぎょうは、あくまでも「野生動物やせいどうぶつ自然復帰しぜんふっき手助てだすけ」を目的もくてきにしています。元気げんきになり自然しぜんなかでも十分じゅうぶんにやっていける状態じょうたいになった動物どうぶつは、もといた場所ばしょやその近辺きんぺんはなすことになります。ですから、もし元気げんき状態じょうたい動物どうぶつまれた場合ばあいはそのままもといた場所ばしょへUターンすることになります。

野生動物やせいどうぶつ本来自然ほんらいしぜんなか自由じゆう生活せいかつしているもの、ひと都合つごうでそのすみかを移動いどうさせたりそこからしたりしてはいけません。

  • 交通アクセス
  • イベント情報
  • しろくまピース
  • とべ動物園の楽しみ方
  • とべ動物園オンラインショップ
  • 愛媛動物友の会
  • とべ動物園Facebook
  • YouTubeとべ動物園公式チャンネル

ページトップへ