愛媛県立とべ動物園

動物病院

動物を保護することになったら

動物どうぶつ状態じょうたいをよく観察かんさつしましょう!

動物どうぶつ実際じっさい保護ほご捕獲ほかく)するまえに、ケガの様子ようす栄養状態えいようじょうたいなどをよくてください。
骨折こっせつしているのに力任ちからまかせにさえてしまったり、衰弱すいじゃくしているのにあばれさせて体力たいりょく消耗しょうもうさせてしまったり必要以上ひつよういじょう苦痛くつうやストレスをあたえないように注意ちゅういすることが大切たいせつです。

動物どうぶつまれないようにしましょう!

よほどよわっていないかぎり、動物どうぶつつかまりそうになると抵抗ていこうします。動物どうぶつみつかれないよう手袋てぶくろあみ使つかうなどケガのないよう注意深ちゅういぶか救護きゅうごにあたりましょう。

ひと感染かんせんする病気びょうきっている場合ばあいかんがえられます。動物どうぶつれたあとあらいましょう。もし、きずった場合ばあいは、すぐ病院びょういん手当てあてけてください。

動物どうぶつ安静あんせいにしてあげましょう!

どんなに重症じゅうしょう動物どうぶつでも、げようとして、体力たいりょく消耗しょうもうしてしまうものです。すぐに、かごやだんボールばこなどにれてしずかな場所ばしょにおき、かせてやることが大切たいせつです。
野生動物やせいどうぶつは、ひとられるだけでもかなりのストレスをうけます。だんボールばこ視界しかいをさえぎって動物どうぶつかせるだけでなく、保温性ほおんせいにもすぐれ、きなおおきさに加工かこうできるというてんでも動物収容どうぶつしゅうようにうってつけです。とり場合ばあいは、とりからだがすっぽりとはい程度ていどおおきさがあれば十分じゅうぶんです。あまりおおきすぎると、なかあばれケガが悪化あっかしかえって危険きけん場合ばあいがあります。状況じょうきょうおうじてタオルや新聞紙しんぶんしなかいて保温ほおんやクッションざい がわりにしてあげましょう。

応急処置おうきゅうしょち最小限さいしょうげんにしてください。

ケガをしていれば消毒しょうどくをしてやり、元気げんきがなければ保温ほおんものあたえてみるなど、応急処置おうきゅうしょち最小限さいしょうげんにとどめてください。まちがった処置しょち状態じょうたい悪化あっかさせることもあります。
治療ちりょう専門せんもん技術ぎじゅつ設備せつび必要ひつようになります。できるだけはや動物園どうぶつえん動物病院どうぶつびょういん相談そうだんして、適切てきせつ処置しょちけられるようにしてあげましょう。かわいいからと手元てもとにおいておくうちに元気げんきがなくなり、あわてて動物園どうぶつえんにもってくるケースも残念ざんねんながらたくさんあります。

保護ほごした動物どうぶつ自分じぶんはこぶのが原則げんそくです。

保護ほごした動物どうぶつはできるだけはやく、ご自分じぶんはこんできてください。とべ動物園どうぶつえん鳥獣ちょうじゅう保護業務ほごぎょうむだけをおこなっている施設しせつではありませんし、残念ざんねんながらそのための設備せつび人員じんいん充実じゅうじつしているとはがたいのが現状げんじょうです。動物園職員どうぶつえんしょくいんによる、県下全域けんかぜんいきからの保護動物ほごどうぶつ輸送ゆそうはできかねますのでご理解りかいください。

愛媛県えひめけんでは自然保護課しぜんほごか県民環境部けんみんかんきょうぶ環境局かんきょうきょく自然保護課しぜんほごか野生生物係やせいせいぶつがかり)が傷病しょうびょう鳥獣ちょうじゅう保護事業ほごじぎょう担当たんとうしています。各地方局かくちほうきょく林業課職員りんぎょうかしょくいんが、傷病鳥獣しょうびょうちょうじゅう収容施設しゅうようしせつ(とべ動物園どうぶつえん)までの運搬うんぱん担当たんとうすることになっていますので、どうしても自分じぶんはこべない場合ばあい一度相談いちどそうだんしてみるといでしょう。

連絡先れんらくさき愛媛県庁内えひめけんちょうない 自然保護課しぜんほごか野生生物係やせいせいぶつがかり

電話でんわ:089-941-2111(代表だいひょう)、089-934-1461(直通ちょくつう

(ご注意ちゅうい愛媛県内えひめけんない野生動物やせいどうぶつ対象たいしょうとしています。他県たけんかた管轄かんかつ自治体じちたいにおわせください。

  • 交通アクセス
  • イベント情報
  • しろくまピース
  • とべ動物園の楽しみ方
  • とべ動物園オンラインショップ
  • 愛媛動物友の会
  • とべ動物園Facebook
  • YouTubeとべ動物園公式チャンネル

ページトップへ