愛媛県立とべ動物園

飼育日記

キーパー飼育日記

2016年08月更新

ヨツユビハリネズミの赤ちゃんが生まれました!

ウニのように見えます

こちらは先日生まれたヨツユビハリネズミの赤ちゃんです。
生まれて間もないころは針も疎らでピンク色の肌が見えていましたが、もう立派に針が生えて見た目だけは一人前になっています。
 赤ちゃんたちは少し前までは一日中巣箱の中で寝ていましたが、最近では巣箱の外まで遊びに出て入口付近をうろうろしています。
こうやって冒険しながら自分の行動範囲を広げて行くのかもしれません。

 元気に成長している赤ちゃんたちですが、まだまだ主食はお母さんのおっぱい。
お母さん(こむぎ)はひっくり返って赤ちゃんにおっぱいを飲ませます。
最近は少し手が離れてきたのか、巣箱から出てくることが多くなりました。
お母さんもたまには息抜きしたいのかもしれませんね。

 小さな赤ちゃんたちは、少しの物音にもびっくりして体の針を立てています。
お母さんの陰に隠れて見えないことも多いですが、温かく見守ってくださいね。
(宮内 健吾)

授乳中のお母さん

親子で散歩


  • 交通アクセス
  • イベント情報
  • しろくまピース
  • とべ動物園の楽しみ方
  • とべ動物園オンラインショップ
  • 愛媛動物友の会
  • とべ動物園Facebook
  • とべ動物園Twitter
  • YouTubeとべ動物園公式チャンネル
  • とべZOO Movie

ページトップへ