愛媛県立とべ動物園

飼育日記

キーパー飼育日記

ハヤトくん、元気です!

パドック

ボルネオオランウータンのハヤトが、札幌市円山動物園からやって来て4ヶ月がたちました。とべの環境に慣れてくれるのか?私達を覚えてくれるのか?という私の心配をよそに、ハヤトは日に日に馴染んでくれているようです。今では「そろそろ外に出して!」「そろそろオヤツの時間ですが!!」と催促するようになりました。とても頭がよく、オヤツが欲しくなったら、いつもオヤツを詰めているオモチャを私達に投げてくることもあります。
 隣の部屋で生活しているスマトラオランウータンのディディにも興味津々。2頭が落ちつけるようにと、お互いの部屋の間に高いついたてをして姿が見えないようにしていたのですが…。ある日2頭が協力?して、このついたての上半分を破壊してしまいました。2頭とも上手に道具(ディディは長い棒、ハヤトは長い布)を使ったようです。お隣さんが見えるようになった今では、私がディディと遊んでいると後ろから「ボクも!ボクも!」とアピールしてきます。
そして放飼場でもディディのことが気になるハヤト。最初こそ少し怖がっていましたが、今ではディディに向かって口に含んだ水をかけることも…。かけられたディディは少し迷惑そうですが、ディディもお隣さんが気になるようでチロチロと見ています。
ディディのすることがとにかく気になるハヤト。空中散歩もジッと見ています。いつの日か、ハヤトもディディのように華麗な空中散歩が出来るようになるのかな?今後もハヤトの成長を楽しみに見守っていきたいと思っています。
(類人猿舎担当 井上依里子)

オヤツ入りのオモチャ

気になるふたり

展示室

飼育日記 バックナンバー