愛媛県立とべ動物園

飼育日記

キーパー飼育日記

フィーダーとヘイネット

フィーダーとヘイネット

 新しくアフリカゾウの寝室にフィーダー(餌の供給装置)とヘイネット(乾草を入れる網)を設置しました。これは、ゾウの採食時間を少しでも長くするための工夫です。いわゆる採食エンリッチメントと言われるものです。
 一つ目は、寝室の上部から固形飼料を入れて垂らすフィーダーです。これは丈夫なガス管、直径16㎝長さ70㎝この管の片方を塞ぎ横に穴を開けたもので、ゾウが鼻で管を揺らすと餌が落ちてきます。
 二つ目は、寝室の柵の外側上部の数か所に、丈夫なガス管を固定しました。これに、カシの木の枝葉やソルゴー(植物飼料)を管の中に差し込みます。柵の外側なので少し取りにくくなります。
 三つ目は、ヘイネット(乾草を入れる網)の設置です。寝室の天井から滑車を使用して、高い場所にヘイネットを付けます。ネット越しに乾草を引き出すので、採食に時間がかかりエンリッチメントの効果が大きいと思われます。そこでヘイネットを自作する事にしたのですが、実は、このヘイネットの作成が一番大変でした。ゾウが使用する物なので大きく、丈夫でなければいけません。3日間かけてロープを編み、試作品を作りましたが50mのロープでは長さが足りず試作品1号は失敗になりました。また1日かけて、その網を全部ほどいて別の編み方に挑戦し、試作品2号を制作しました。これも、3日間でやっと完成しましたが編みあがると想定していた大きさよりも一段と小さくなってしまいました。このヘイネットに乾草を入れて高い場所まで引き上げて与えています。
 かなり苦労の末のフィーダー、ヘイネットの設置でしたが、このことにより、ゾウ達の採食時間が少しでも長くなってくれることを願っています。
(アフリカゾウ担当 兵頭佳夫)

一つ目:セットした状態

二つ目:餌の差し込み

三つ目:新作ヘイネット

飼育日記 バックナンバー