愛媛県立とべ動物園

飼育日記

キーパー飼育日記 最新記事

小さな赤ちゃんに会いに来てね!

 臨時休園期間中の9月4日にフサオマキザルの「ウララ」が出産しました。思えば今年の4月に「ナスビ」が出産したときも翌日から臨時休園…(出産当日にたまたまご覧になれたラッキーなお客様もいらっしゃいました!)。そのときは生まれてから2か月弱で再開園となり、とっても小さな赤ちゃんをご覧いただくことは残念な…

コウモリてんこモリ 最新記事

【その19】千葉県での赤ちゃん保護

またまた久しぶりの更新になってしまいました。
去年から今年にかけて、愛媛県内で50年ぶりにヒナコウモリの成獣が保護されたり、冬眠明けに保護されたアブラコウモリが早くも赤ちゃんを生んだり、といろいろなことがありました。でも、まずは昨年ご相談を受けた千葉県の例をご紹介しましょう。2016年7月にコウモリの赤ちゃんを保護したというご相談をお電話でいただきま…

新米ゾウキーパー奮闘記 最新記事

#16 アフの骨を発掘

 現在、2016年4月に死亡した雄ゾウの「アフ」の骨の掘り返し作業をおこなっています。アフは繁殖が難しいアフリカゾウにおいて媛と砥愛そして現在多摩動物公園にいる砥夢の3頭の父親になり次世代に命を繋いでくれた立派な雄ゾウでした。アフが死亡したのは私がとべ動物園で働き始めて2週間後の時で、まだ慣れない状…