[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

NEWSイベント情報

動物の出産・死亡のお知らせ

2016年04月14日更新

アフリカゾウのアフが死亡しました

大変残念なお知らせですが、アフリカゾウのアフ(推定29歳、オス)が4月14日に死亡いたしました。
アフはメスのリカとの間に3頭の子ども(媛、砥夢、砥愛)を設けてくれた立派なオスゾウでした。
日本のアフリカゾウの保全に貢献してくれたアフくん、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
もっともっと元気な姿を見ていたかったのに、とても残念です。どうか安らかに…。

経緯は次のとおりです。

4月14日の朝7時45分に起立不能になっていることを確認し、急遽抗生剤、消炎剤などの投与及び吊り上げて立たせようとしましたが、残念ながら午後1時20分頃死亡を確認いたしました。死亡の原因については現在調査中です。詳しいことがわかり次第、またお知らせしたいと思います。


(カテゴリー:死亡報告

2016年03月25日更新

カピバラのジョセフィーヌが死亡しました

カピバラのジョセフィーヌ(♀)が死亡しました。
ジョセフィーヌは2015年6月26日に姫路セントラルパークからとべ動物園にやってきました。
カピバラのガイドでもおなじみで、打たせ湯に入ったりのんびり過ごす姿が人気でした。
出産を控えていましたが、難産による消耗により2016年3月16日に死亡しました。
残念ながら4頭いた胎児も既に死亡していました。
たくさんの方々に可愛がっていただき、ありがとうございました。


(カテゴリー:死亡報告

2016年03月10日更新

シルバールトンのラム(♀)が死亡しました。

2016年2月29日、当園で飼育していたシルバールトンのラム(♀)が死亡しました。ラムは、2004年9月15日にとべ動物園で生まれました。
 年齢は11歳で、肺炎により死亡しました。


(カテゴリー:死亡報告

2015年10月27日更新

カピバラに赤ちゃん生まれました

出産直後

今年の春から飼育を始めたカピバラですが、10月1日の朝、最初に当園にやってきたワカメとオスのかん太との間に赤ちゃんが生まれました。赤ちゃんは3頭で、午前9時前に1頭、3頭目はその約1時間後に生まれました。妊娠期間159日で、赤ちゃんの体重は1~1.7キロでした。
妊娠中6kg以上体重が増えていたワカメは、体重は戻ったもののどっしりした体型はそのままで、そして意外にきめ細やかなお母さんぶりを発揮しています。


はじめての外

10月7日から一般公開を始めましたが、3頭の子ども達は、時に大胆に駆け回り、時に不安になって大声で母親を呼んだりと、日々元気に成長しています。
現在、親子4頭は午前、午後はかん太・ジョセフィーヌの2頭が交代で出ていますので、ぜひどのカピバラにも会って帰ってください。
(カピバラ担当 永峰令子)


(カテゴリー:出産情報

2015年09月28日更新

レッサーパンダの子ども

今年もレッサーパンダの優花とシャンチーの間にこどもが生まれました。生まれたのは7月24日、この両親からは3年連続3頭目のこどもです。こどもはオスで、おっぱいをたくさん飲んで元気に育っています。お母さんの優花は子育てにすっかり慣れた様子です。
ところで、レッサーパンダのこどもは、生まれてすぐは毛の色が白いのですが、だんだんと顔やしっぽの模様が色づいてきます。1頭目の優希、2頭目の優砥は、毛の色や体格がお母さんによく似ていましたが、3頭目はお父さんのシャンチーに似たのか少し小柄で、毛の色が濃いような気がします。
レッサーパンダの成長は早くて、半年ほどで大人と変わらない大きさになってしまいます。
よちよち歩きやお母さんと遊ぶ様子、木登りの練習などを見ることが出来る期間は短いのですが、毎日成長していくレッサーパンダのこどもに会いに来てくださいね。
(レッサーパンダ担当 秋沢成江)


(カテゴリー:出産情報

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]