愛媛県立とべ動物園

NEWSイベント情報

動物の出産・死亡のお知らせ

2016年04月26日更新

ホワイトタイガーのファイト(♂)が死亡しました。

ファイトは2010年に香川県のしろとり動物園で生まれ、2012年にとべ動物園にやってきました。とても穏やかな性格で人にも他のトラに対しても、めったに吠えることはありませんでした。
4月に入り急激に体調が悪化し、2016年4月25日に腎不全のため死亡しました。


(カテゴリー:死亡報告

2016年04月25日更新

ポニーのリュウが亡くなりました

4月20日にポニーのリュウが老衰のため死亡しました。26歳でした。
マロンのお父さんであるリュウは1998年に来園しました。
とてもかっこいいポニーで、これまで多くの方に可愛がっていただきました。
ありがとうございました。


(カテゴリー:死亡報告

2016年04月18日更新

アフリカゾウ アフの死亡原因について

4月14日に死亡したアフリカゾウのアフの死亡原因について、解剖等により調査した結果をご報告します。

○経緯
13日まで特に変わった様子はありませんでしたが、14日の朝には既に横たわり起立不能になっていました。抗生剤、消炎剤などを投与して治療を行うとともに体を吊り上げて立たせようとしましたが、13時20分頃に死亡しました。

○死亡原因
夜間寝室にて転倒、その際に左肩を強打して肩関節を脱臼。これにより自力で起き上がれなくなり、長時間横たわった状態で体が圧迫され血液が循環できなくなったため、循環不全を起こして死亡したとみられます。
転倒の原因はハッキリとは分かりませんが、マスト(男性ホルモンが上昇し、行動が荒くなるオスゾウ特有の生理現象)により行動が荒くなっていたので、そのことが転倒に結びついた可能性があると思われます。


現在、管理事務所前に献花台及び記帳台を設けており、皆さまからたくさんのお花やメッセージ等を頂いております。本当にありがとうございます。
しばらくの間引き続き記帳台を設置しておりますので、来園された際によろしければお立ち寄りください。


偉大なお父さんアフくん、どうか安らかに。


(カテゴリー:死亡報告

2016年04月14日更新

アフリカゾウのアフが死亡しました

大変残念なお知らせですが、アフリカゾウのアフ(推定29歳、オス)が4月14日に死亡いたしました。
アフはメスのリカとの間に3頭の子ども(媛、砥夢、砥愛)を設けてくれた立派なオスゾウでした。
日本のアフリカゾウの保全に貢献してくれたアフくん、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
もっともっと元気な姿を見ていたかったのに、とても残念です。どうか安らかに…。

経緯は次のとおりです。

4月14日の朝7時45分に起立不能になっていることを確認し、急遽抗生剤、消炎剤などの投与及び吊り上げて立たせようとしましたが、残念ながら午後1時20分頃死亡を確認いたしました。死亡の原因については現在調査中です。詳しいことがわかり次第、またお知らせしたいと思います。


(カテゴリー:死亡報告

2016年03月25日更新

カピバラのジョセフィーヌが死亡しました

カピバラのジョセフィーヌ(♀)が死亡しました。
ジョセフィーヌは2015年6月26日に姫路セントラルパークからとべ動物園にやってきました。
カピバラのガイドでもおなじみで、打たせ湯に入ったりのんびり過ごす姿が人気でした。
出産を控えていましたが、難産による消耗により2016年3月16日に死亡しました。
残念ながら4頭いた胎児も既に死亡していました。
たくさんの方々に可愛がっていただき、ありがとうございました。


(カテゴリー:死亡報告

  • 交通アクセス
  • イベント情報
  • しろくまピース
  • とべ動物園の楽しみ方
  • とべ動物園オンラインショップ
  • 愛媛動物友の会
  • とべ動物園Facebook
  • とべ動物園Twitter
  • YouTubeとべ動物園公式チャンネル
  • とべZOO Movie

ページトップへ